ロボット作りとプログラミングの関係について

ロボット作りとプログラミングの関係について

ロボット作りとプログラミングの関係について

現在のロボット教室の盛況について

 

現在、小学生の習い事でプログラミングスクール以上に人気なのがロボット作成教室です。

 

ヒューマンアカデミーやアーテックのエジソンアカデミー、大阪のロボ団などはフランチャイズも含め多くの教室を展開しており、これだけの規模の小学生用のプログラミングスクールは現在まだ見当たらない状況です。

 

ロボット教室は、単にロボット教室と表記してあるもものもあれば、ロボットプログラミングと称しているものもあります。

 

ロボットプログラミングと称しているスクールのプログラミングはスクラッチやレゴ社で用意したプログラミングツールで、どれも簡単なブロックを組み合わせてプログラムを作り動かすものです。

 

使用するロボットは、レゴのマインドストームだけでなくヒューマンアカデミーのオリジナルロボットやアーテック社のロボットなど何種類かあります。
これらのロボット教室のほとんどは、C言語などでのプログラム開発言語によるプログラミングをほとんど行っていません。

 

例えば、大阪を中心として近畿圏にあるロボ団というフランチャイズスクールはレゴ社のマインドストームEV3を使用したロボットの世界大会WROを目指すカリキュラムが小学生に人気です。

 

ロボット教室はプログラムを組んでロボットを動かすよりも、ロボットを組み立てる事や世界大会や発表会で競って良い成績を得ることが目標の生徒さんが多いと思います。
学研のフランチャイズの責任者の方などにお話を聞くと、プログラミングにも力を入れて行く事は敷居が高く,なかなか踏み込めないとの事でした。

 

ロボット教室が人気なのは、これからのロボット社会を前にして、「お子さんにエンジニアリングに興味を持ってもらいたい。想像力のある人間に育ってほしい。」というご両親の願いもあると思います。

 

札プロでは小1から小4生対象のWedo2.0でのロボット教室に続いて、WROで使用するレゴのマインドストームEV3による本格的なロボット教室を近日中に開講いたします。

 

スクラッチからプログラム開発言語への移行について

 

小学生のプログラミング講座についてはスクラッチやロボットプログラミングの簡易言語からいかにスムーズにC言語やJava言語などの実社会で使われているプログラム開発言語でのプログラム作成に移行させられるかが課題となっています。

 

この点については、スクラッチの学習の時に、指導者がスムーズな移行を実現するための色んな工夫をしていくことが重要です。

 

現在の構造化プログラミングの『順次構造・分岐構造・繰り返し構造』という3つの部品によるプログラミングの考え方が身に付くように指導することが大切です。

 

札幌WEBプログラミングスクールは、小学生でもC言語やJava言語でのプログラミングが無理なくスムーズにしっかり学習出来る、全国でも稀少なスクールです。

関連ページ

小1生〜小4生のWedo2.0ロボットプログラミングカリキュラム
小1生〜小4生のWedo2.0ロボットプログラミングコースカリキュラム
小1生〜小4生のWedo2.0ロボットプログラミング授業の内容
筑波大学附属小学校のマインドストームWedo2.0利用授業の紹介
筑波大学附属小学校のマインドストームWedo2.0利用授業
EV3によるロボット教室の詳細
札幌WEBプログラミングスクールのレゴ社マインドストームEV3によるロボット教室の詳細

ホーム RSS購読 サイトマップ
お問い合わせフォーム 無料体験申込み 電話 0120-011-137 中高校生コース 札プロ社会人コース 札プロ最新情報